Powered by Six Apart

RFL in 福岡

リレー・フォー・ライフ in 福岡 Feed

2009年7月31日 (金)

街頭募金

かなり、ご報告が遅くなってしまいましたがi^^;

今月18・19の両日、福岡天神でリレーフォーライフの募金活動が行われました。

多くの方にご寄付いただき、スタッフ一同ただひたすら感謝しております。(_人_)

と、書くといかにもわたしもがんばってきたように聞こえますが
仕事の都合でわたし自身は参加できなかったんです…i^^;

で、19日のあと懇親会があったんですが、それすら参加できず
その後の二次会にはなんとか駆けつけました。

ん〜〜、その二次会のカラオケでわたしは拓郎を歌いまくりで
かなり顰蹙をかっていたような…(本人、途中から記憶がありませんm(__)m)

よく考えたら、拓郎の歌なんか知らない人ばっかりだろうにご迷惑をおかけしました。
拓郎以外のレパートリーも開拓しなければ…
(って、反省する方向が違うだろ(爆))

2009年6月13日 (土)

あの世の妻へのラブレター

というタイトルの永六輔さんの本読んでます。i^^;
Photo

永六輔さんが「男やもめ3年生」になった頃書かれたエッセイをまとめたものです。
普通、この程度の本だったら一日くらいで読んじゃうんですけど、やっぱダメです…
読んでる最中、泣けて泣けてなんどもメガネを外してティッシュで鼻をかんで一向に進みません。(;_;)

そもそも、こういった本はいままであえて避けてきたのに、
今回この本の「まえがき」に
『男やもめになった直後と、三年が過ぎた今では、余裕が違う。笑うことが戻ってきた。』
と書かれてたから、
一年が過ぎようとしてる今なら読めるかも知れないと思ってしまったのですが…
まだまだ「一年生」には早すぎたようです。i^^;

割とおちついて読めたパートは小室等さんと谷川俊太郎さんの三人での座談会でした。
永さんは奥さんが亡くなっても泣かなかったそうです…
葬儀の間も、テレビやラジオに出たときも平静をよそおい人前では決して泣かなかった…
そんな永さんが泣いたのは小室さんのコンサートで
「この会場に、本当は泣きたい気分なのに泣かない人がいます。
その人の為に歌います。
……上を向いて歩こう」
静かに歌う小室さんに涙があふれてきたそうです。

と言う、イントロ部分ではもらい泣きしてしまいましたが
あとの中身は「介護」のはなしがテーマだったのでけっこう冷静に読めました。
言葉ひとつで治ったり悪くなったりと「言葉」がとても大事だったり、
「笑い」は免疫力もあがるし笑わせるのは大事な介護だとか、勉強にもなりました。

同じように奥さんをがんで亡くされてる田原総一朗さんとの対談では
「本当は無理に元気にしているよりは、メソメソしてるほうが絶対に楽なんですね。」
と永さんが話していて、
あ〜、自分はやっぱり楽してたんだ。とつくづく思い知らされたり…

もうじき二年生になるわたし、永さんみたいに毎日カミさんに絵はがきを書けませんが
『泣くがいやさに笑ってござる』
そうやって毎日生きていこうと思います。i^^;

2009年5月22日 (金)

がん患者支援・がん啓発チャリティイベント

カミさんを亡くしてから来月でもう一年になります。
あっという間だったような気もするし、長かったような気もします。

しかし、この間ず〜っとなにか引っかかっているものがありました。
それは後悔というか、じくじたる思いというか…
そしてそれは日に日に軽くなるわけではなく、むしろどんどんと大きくなるばかりでした。

叔母や友人たちも「最後までよくめんどう見たじゃない。」とは言ってくれるのですが、自分の中では「もっともっと出来たことがあったんじゃないか、本当に全力を出し尽くすことはしてなかったんじゃないのか、カミさんが何も言わないのをいいことに手を抜いてたんじゃないのか…」と落ち込むばかりでした。

そういった悶々とした日々を過ごしていたある日、テレビのニュースで「リレー・フォー・ライフ in 福岡」という催しを成功させるために頑張っている人たちがいることを知りました。

わたしが見たニュースです。
    ↓


せめて、こういったチャリティ・イベントのボランティア活動をすることで心に空いた穴を埋められないかと思い、説明会に参加してイベント当日のボランティア希望を伝えたところ、「実行委員にならないか?」とお誘いをうけ、いつの間にか実行委員としてその日の反省会(と言う名の飲み会)に参加してました。i^^;

委員長はじめ実行委員の方々には多くのがん患者さんがいて、びっくりしました。その上皆さん明るく元気です。いつまでも昔を引きずってるわたしが一番メソメソしてて情けなかったです。(>_<)
最初はがん患者さんを応援するつもりだったのに、説明会でも反省会でもわたしの方がいっぱい元気をもらってしまいました。i^^;

10月の本番までわたし自身も元気を分けてもらいつつ、全力をあげて取り組みたいと思います。
(これからもこのリレー・フォー・ライフ in 福岡について、少しずつでも報告していきたいと思ってますのでよろしくお願いいたします。)

リレー・フォー・ライフについて詳しくはこちら日本対がん協会のリレー・フォー・ライフ ジャパンなどをご覧下さい。
(手抜きですいません(_人_))