Powered by Six Apart

RFL in 福岡

Folk Feed

2008年2月19日 (火)

拓郎のオールナイトニッポン!

http://www.1242.com/week/200802/?24
「復活第一歩となる吉田拓郎のオールナイトニッポンをどうぞお楽しみに!」

おお〜〜〜!拓郎、元気になったみたいです。
2時間、パーソナリティやれるならもう復活と言っていいでしょう(^.^)
あとは今年のライブツアーの発表を待つだけです。

しかし、問題が一つ…
九州では、ニッポン放送聞けないのです。
レギュラーのオールナイトニッポンはKBCで
http://www.kbc.co.jp/radio/timetable/
中継してるんですが「40時間スペシャル」は無いんです(;_;)

拓郎のANNを録音してMP3に変換したファイルをメールに添付して送ってださるような奇特な方はおられないでしょうか?(_人_)

2008年1月31日 (木)

結婚しようよ


映画結婚しようよの公開に合わせて吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~が発売される。

シンシア/音速ライン
人生を語らず/ガガガSP
夏休み/熊木杏里
大いなる/Jake Shimabukuro
制服/下地勇
結婚しようよ/中ノ森BAND
加川良の手紙/つじあやの
落陽/怒髪天
リンゴ/平川地一丁目
となりの町のお嬢さん/ホフディラン
流星/真心ブラザーズ
ビートルズが教えてくれた/LISA

Amazonのカスタマーレビューでも指摘されてますがメンバーがちょっとねぇ…

つじあやのの「加川良の手紙 」はBSで見たけど良かったですよ。
中ノ森BAND も風になりたいが素晴らしい出来なので「結婚しようよ」も期待できる。

しかし何故、「風になりたい」を入れてくれなかったのだろう?
シングルで売った方が売れると見たのだろうか…

あと一番期待してるのが平川地一丁目 の「リンゴ」。平川地一丁目 は最初に練習したのが拓郎の曲だったという逸話があるくらいだからね。

逆に言うと、結局この3曲くらいしか期待できないんだよね。(真心ブラザーズは既発のものなので…)

とまあ、なんだかんだいっても風になりたいともども買っちゃうんですけどね…
(ファンって、ほんと…i^^;)

2008年1月20日 (日)

坂崎幸之助のお台場フォーク村 Vol.17

DVDに焼きながらの
フォーク(?)番組発掘シリーズ第二弾!

『 坂崎幸之助のお台場フォーク村 Vol.17』
2007.10.24 0:00〜1:00 BSフジ

いちばん最初は拓郎が手術から復帰してきて初のライブだった。
CSでしか知らなかったけど、BSや地上波でも(中身は若干違うが)オンエアされてたらしい。

第17夜となるこの日はまたしても「和幸」(笑)


1曲目は坂崎幸之助のソロで「アーサー博士の人力ヒコーキ」(加藤和彦)

この後坂崎推薦の若手として間慎太郎を紹介
顔は父親の寛平氏にそっくり(@_@)
2〜3曲目は間慎太郎で「淋しん坊の絵描きさん」・「日曜の散歩道」

+坂崎で4曲目「初恋バラッド」

ここからメインの「和幸」なんだけど何故か最初は
「あの素晴らしい愛をもう一度」
しかも二人ともウクレレの弾き語り…

「戦争は知らない」

ここで二人ともギターに持ち替え、和幸のバックバンドをよんで
「黄昏のビギン」
「ボサッパライ」
「平和について」
加藤和彦、三線に持ち替えて
「悲しくてやりきれない」
またギターに替えて
「イムジン河」 
「みんなの地球」

という流れでアルバムからは
「黄昏のビギン」・「みんなの地球」の2曲だけでした。
ここで「和幸」は終了。

最後は坂崎幸之助ひとりで
「花のかおりに」(ザ・フォーク・クルセダーズ)

2007年版はあと3回あるけどまたいずれ…i^^;

2008年1月14日 (月)

坂崎幸之助の一夜限りの音楽ライブ Vol.2

DVDレコーダーは便利なんだけど、なまじっか長時間HDDに録画できるもんで貯め込んじゃうとあとあと整理が大変。
で、録画したはいいけどHDDのこやしになったまま見てない物も数知れず…
んなわけでDVDに焼きながら
フォーク(?)番組発掘シリーズ第一弾!

『 坂崎写真館〜坂崎幸之助の一夜限りの音楽ライブ Vol.2』
2007.9.14 21:00〜22:30 NHK BS2

一応、録画しながらリアルタイムでも見てたんだけど、その頃はもうすでにかなりヨッパライ状態だったので、ほとんど覚えてなかったりする。i^^;
Vol.2と言うことなんだけど、一回目は見逃してた。残念!)

「和幸」(加藤和彦と坂崎幸之助のユニット)がメインではありますが、泉谷しげる、山本潤子、尾崎亜美の面々がまず登場。
小野アナウンサーの「役者の方(?)がひとり…」という紹介を受けてか、泉谷登場で「コケ」て見せる。(苦笑)


1曲目は泉谷しげる+坂崎幸之助で「春夏秋冬」
泉谷、エンディングに無理矢理弦を切り、マイクに頭突き!!そこまでやらなくても…
泉谷の若かりし頃の西口フォークゲリラやデビュー秘話(古井戸・ケメの名前も…)、山本潤子の赤い鳥時代の話や、ロックキャンデーズ谷村新司との期間限定ユニット!などのトーク。

2曲目は山本潤子+坂崎幸之助で「翼をください」
尾崎亜美の高校時代のエピソード
3曲目は尾崎亜美「オリビアを聴きながら」

ここで加藤和彦登場。
泉谷のマネをして出で「コケ」て見せる。
「和幸」の設定を説明後
「和幸」の1曲目「サタデイナイト ムービー」
Simon & Garfunkelに影響をあたえたという設定の曲。
さらに詳しい設定を説明後
「「黄昏のビギン」・「バラバラふたり」・「生命(いのち)」
と3曲続けて…
各曲の設定はこにジャケットとライナーノーツがあるのでどうぞ…

ここで坂崎幸之助が撮った爬虫類の写真をいくつか紹介。

トーク再開、加藤和彦の音楽人生ということで加藤とのエピソードを各自紹介。

「和幸」ではなく、加藤和彦+坂崎幸之助で「悲しくてやりきれない」

「ザ・フォーク・クルセダーズ」の「コブのない駱駝」・「ズートルビ」(座布団運びをしている山田隆夫がやっていたのじゃない)の「水虫の唄」などなど加藤和彦の実験音楽や先進性を語った後

「Bossa Parai(「帰ってきたヨッパライ」ボサノバアレンジ)」加藤和彦+坂崎幸之 …神様役で泉谷も参加。

サディスティック・ミカ・バンドの写真と想い出…
日本語を、ちゃんとはっきり歌うロックをやりたかったということで、第三次ミカ・バンドの木村カエラも日本語をバシッと歌いながらちゃんとロックしてる。などなどミカ・バンドの話で盛り上がった後はお約束の
「タイムマシンにおねがい」
ボーカルは尾崎亜美でサディスティック・アミ・バンド!
(旦那の小原礼もしっかりベース弾いてる!!)
どうでもいいけど、テロップで歌詞を出してくれるのはいいんだけど、『アンモナイトはお昼ね』じゃないでしょ!普通だと『お昼寝』でしょ?なんでこんな変換になったんだろう?ちなみに本物の歌詞は全部ひらがなで「おひるね」。

「音楽は人の生き方を変えることが出来る、60年代・70年代の音楽には今よりも力があった。」
「音あわせ・カメリハ・ランスルー・へったくれ・本番なんてやってると音楽が死んでしまう。だからTVの歌番組は嫌い」などの加藤のダメだしトーク後

泉谷+坂崎で「眠れない夜」
泉谷オリジナル、久々に聴いた。拓郎バージョンを聴きなれてるんでちょっと新鮮。(アレンジは昔と違うけど…)
今回は弦を切ったり頭突きしたりは無し

山本潤子「忘れていた朝」

ラストは全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」
泉谷にはこの歌似あわねぇ〜(笑)

とまあ、そんなわけで拓郎以外で最近買ったCDはナルキッソスゴールデン・ヒッツ
だけなのであったi^^;
(iTunes Storeでポチッたのもあるけどね。)

その昔、尾崎亜美にサインをいただいたり…i^^;