Powered by Six Apart

RFL in 福岡

« 2008年7月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

ガンバラナイけどいいでしょう

先日、飲み会の2次会にカラオケに行きました。
わたしは必ず「吉田拓郎」の曲を歌うんですが、
今回いつものように歌手名で検索してたら
楽曲の中にもう「ガンバラナイけどいいでしょう」が入ってました!(@_@)

今回のCDが、小田和正を抜いて最年長ベスト10入りしたからなのか、
それともこれがエイベックスの力なのかわかりませんがとにかく吃驚!

そういや、iTunesで「午前中に…」を再生してた時、歌詞検索ソフトをかけたらすんなり歌詞を見つけてきました。(^.^)

41hsxkodhsl_ss500_

前作の「歩道橋の上で」は未だに歌詞を見つけてこないんですけどね…

51jockwhrzl_ss500_

2009年4月26日 (日)

まる六改め、六文銭'09(ろくもんせん)ライブ

ずいぶんとご無沙汰しておりますがなんとか元気ですi^^;


本日、地元のライブハウス「Folk Village」
六文銭'09('09は読まない、「ろくもんせん」と読む)のライブがあったので行ってきました。(^.^)

ニューアルバム「おとのば」からユニット名が
「まるで六文銭のように」から六文銭'09(ろくもんせん)に変わりました。
その六文銭'09となっての初のライブが今日だったのです。
そんな記念のライブに参加できて非常に良かったです。

2部構成で第1部は「まるで六文銭のように」のアルバム「はじまりはじまる」から
第2部はニューアルバム「おとのば」からというかたちで行われました。

客層はといえばやはり、わたしのように昔若者だった人たちばかり…
で、まる六のアルバムは聴いてる方も少ないようで旧六文銭時代の曲(面影橋からや雨が空から降れば)などは
受けるものの新曲はいまひとつのノリ…
結局一番受けてたのはアンコールで歌った「出発(たびだち)の歌」!
しかも小室さんと来たら、「遠い世界に」の西岡たかしのように歌に先行して歌詞を言ってくれるので
最後は全員での大合唱となりました…i^^;

わたしはOpeningの「夏・二人で」や「サーカス・ゲーム」が好きでしたが
(あ、この2曲も旧六文銭時代のものでしたi^^;)
「大きなグミの木の上で」という曲が六文銭っぽくなくて気に入りました。
この曲は小室さんも恒平さんも曲作りにタッチしていないというめずらしいものだったりします。

きっちりサインもいただきました。(^.^)
Img_0091